保険料の仕組み

車に乗るという人は、毎年、自動車保険の保険料を支払っていることでしょう。

しかし、その仕組みについて知らない人のほうが多いと思います。

基本的には、補償の範囲や補償の金額、等級、契約する人の条件などにより大きく変わってきてしまいます。

そして、自動車保険では、複数の保険や特約から構成されて、また、条件の設定などいろいろとありますので、この仕組みは分かりづらくて難しいでしょう。

しかし、これからの未来、保険を効率良く活用するには、必要不可欠であり、保険料の仕組みについてある程度分かっておくことは大切だと思います。

保険料は、全てが保険金の支払いに充てられるのではなく、大きく分けると、純保険料と付加保険料で構成されているのです。

純保険料については、保険金の支払いの原資に充てられますが、付加保険料は、事業の経費や代理店の手数料や利潤などに充てられます。

全体の保険料の中で、保険料が高いのは、車両保険であり、低いのが対人賠償保険です。

また、カバーをする補償の範囲を増やせば、その分保険料は上がります。

よって、保険料と補償の間には、トレードオフの関係があるということになります。

そして、保険料は、保険の金額にリスクを数字にしたものを掛けることで算出されます。

今まではどの会社も同じでしたが、今は会社ごとに違っています。